福岡県北九州市:山田緑地

展望デッキ全体

構造材:杉材→GRP
床 板:杉材→GRP
高 欄:杉材→GRP
基 礎:ピンファウンデーション工法

山田緑地はかつて弾薬庫として使用され、約半世紀にわたり一般利用が制限されていたため豊かな自然が残されています。展望台の老朽化に伴い改修が行われました。森の山頂に位置し重機等の進入が困難な事と周辺環境への影響を考慮して、軽量で耐久性の高いGRPと人力施工が可能なピンファウンデーション基礎が選定されました。

  《Before》

  《After》


山田緑地before01.JPG



山田緑地after01.JPG