長崎県長崎市:黒崎永田湿地自然公園

八ツ橋一部改修・増設

構造材:外材→GRP
床 板:外材→GRP
高 欄:ピンファウンデーション工法(増設部)

長崎市北西の海岸部に位置し、日本一のトンボの生息地として親しまれています。既設の木製八ツ橋に腐食による危険箇所が見受けられたため、併せてバリアフリー化して散策しやすく再整備されました。塩害や湿気に強いGRP材が使用され、地域住民の利便性向上のため散策路を増設しています。

  《Before》

  《After》


黒崎永田01before.JPG



黒崎永田01after.JPG

黒崎永田02before.JPG



黒崎永田02-1after.JPG