沖縄県豊見城市 マングローブ観察デッキ

完成年月:平成25年7月

ラムサール条約湿地に登録されている漫湖内の歩道で、希少な樹木の植生・水鳥・魚類・甲殻類などの観察ができます。干潮時に湿地に下りることのできる階段、待機所、観察デッキが設置されています。汽水域にあるため、構造材には塩害に強く耐久性の高いGRP材が使用されています。(環境省発注物件)
※小さな画像をクリックすると右に大きく表示されます。